家事中に行う私のたるみを取る方法

たるみを取るために。

私は顔のたるみを取る為に、とにかく一日中顔を動かすようにしています。

 

家事をしている時やテレビを見ている時は、口を大きく開けて「あいうえお」と言ったり、近所迷惑にならない程度に声を出して歌を歌ったり、少し時間がある時は、手で顔を下から上に持ち上げるようにマッサージもしています。すると、何もせずに過ごしていた頃と比べ、顎のラインもスッキリし、 ほうれい線などのシワも薄くなり、顔全体が引き締まって若返って見えるようになりました。

 

腕やお腹や足のたるみを取る為にも、顔と同じようにとにかく一日中体を動かすことにしています。外に出て運動が出来れば一番なのですが、子育てをしている為、そういった自分の時間がとれないので、家の中で出来ることをしています。まず家の中を歩く時はつま先立ちをし、出来るだけ大股で歩いています。これだけで、足全体が引き締まってたるみがなくなり、綺麗な足になります。

 

 

次に洗濯物を干す時は出来るだけ二の腕を動かすように意識して干したり、暇があれば二の腕のたるんでいる部分がプルプルなるように振ったりしています。

 

こうすることによって、二の腕のたるみが少しずつですがなくなってきます。最後に私は、何もしていない時でも常に腹筋に力を入れて過ごすようにしています。

 

 

それから、お湯を沸かしている間の時間や、お風呂が溜まるまでの少しの時間でも、腕を思いっきり振って体を左右にブンブン動かしています。

 

こうして常にお腹を気にして動かすことによって、お腹全体のたるみがなくなってきます。年をとるとどうしてもつきやすくなるお腹の横の肉や、下腹の肉も締まってくれます。とにかく一日中、たるみをなくしたい所を意識して動かしていれば、たるみはなくなっていきます。

 

合わせて化粧品も変えていて乾燥肌でも使えるたるみ解消の化粧品を使っています。
アヤナスは結構相性がよくて変えてから肌の調子もバッチリ。