たるみで年齢がバレる!?

たるみを治そうと思う強い気持ちが大切

私は体のたるみを防止して、若さを保つ為に毎日努力しています。人を見て見た目が若いか年を取って見えるかは、たるみを基準に判断する事が多いのです。

 

なので私が若い女性に負けない様に毎日やっているたるみ防止の方法を教えます。まず、たるみ防止には食べ過ぎない事が大切で、肌のたるんでいる人は太っている人が多いので、私はオヤツが食べたい時は、コンニャクゼリーやところてんや寒天ゼリーなどを食べて、太るのを防止して太る事によるたるみを防いでいます。また毎日運動をして汗を流した後にお風呂に長く入って汗を大量に出して、浮腫みによるたるみを防止する為に努力しています。

 

しかし40代を過ぎると簡単なたるみのケアだけでは、たるみは防げないので、ドラックストアのダイエットコーナーに行き、最新のたるみ防止クリームを購入して、自宅に帰ってたるみ防止クリームを全身につけてセルフエステをします。エステに行くのも良いのですが、自分でマッサージする事で自分を癒す事もでき、自分を癒す事もたるみ防止に繋がるのです。また、私の場合は全身のたるみを防止する為に鍼治療に通っています。鍼治療でたるんだ部分を鍼で刺激する事でたるんだ部分の細胞が活性化してたるみを解消する事ができます。また鍼治療の後にお灸を体全体にやって貰うのですが、お灸をする事で体全体の血行も良くなりたるみがスッキリ解消されるのです。

 

それでも、体の疲れや浮腫みや体調不良やいろいろな事でたるみが解消すれない時は、ドラックストアの漢方薬コーナーに行って、水太り、怠い、疲れやすい、太りやすいなどが表示されている漢方薬を購入して飲む事にしています。漢方薬を飲むのが不安な人は薬剤師さんにたるみの症状を相談してみるといいと思います。

 

そして、最後にたるみを防止する為に、一番大切な事は、たるみを治そうと思う強い気持ちだと思います。